TAKUSHOKU UNIVERSITY HISTORY RENAISSANCETAKUSHOKU UNIVERSITY HISTORY RENAISSANCETAKUSHOKU UNIVERSITY HISTORY RENAISSANCETAKUSHOKU UNIVERSITY HISTORY RENAISSANCETAKUSHOKU UNIVERSITY HISTORY RENAISSANCETAKUSHOKU UNIVERSITY HISTORY RENAISSANCE
拓殖大学

拓殖大学ヒストリールネサンスプロジェクト

SUMMARY

概要

創立120周年を迎えた大学に眠る「歴史」を魅力に変えるヒストリーブランディングプロジェクト

拓殖大学は、東京文京区と八王子市にキャンパスを構える在籍学生8000人の私立大学。国際大学として歴史と伝統がありながらその価値をうまく発信しきれていない課題感がありました。「拓殖大学ヒストリールネサンスプロジェクト」では、創立120周年を迎えるタイミングで、いま一度その歴史や原点を見つめ直し、そこから見えてくる拓殖大学の個性、強みや本質を、入学を検討している学生・保護者、企業、地域社会にPR。同時に、在学生や教職員、卒業生には自校への誇りを醸成することをめざすブランディングプロジェクトです。

クライアント

拓殖大学

プロジェクト

2020年に創立120周年を迎えた拓殖大学。その歴史を紐解きながら、拓殖大学の個性や本質、魅力を学内外に発信するヒストリーブランディングプロジェクトです。

制作範囲

WEBサイト、ムービー(サイト誘引)、学報コラム

PROCESS

プロセス

ASTRAKHANが拓殖大学の広報戦略アドバイザーとして関わらせていただき、5年以上が経ちます。毎月1回開催している広報戦略会議では、拓殖大学広報室のメンバーとASTRAKHANで現状の広報課題や広報戦略について話し合い、その中で「拓殖大学ヒストリールネサンスプロジェクト」がスタート。プロジェクトは、WEBサイト「拓殖大学歴史ミュージアム TAKUSHOKU DIGITAL HISTORIUM 」の制作を軸に進行しました。同サイトでは、国際大学としての起源や歩みをはじめ、拓殖大学ゆかりの人物、トリビア紹介まで、120年の拓殖大学の歴史を立体的に発信しています。またサイト閲覧数アップを目的とした動画も制作し、これと並行して学報「TACT」にて歴史シリーズコラムを掲載。拓殖大学独自の伝統行事や、拓殖大学の創立・経営に携わった偉人のエピソードを紐解きながら、いまに受け継がれる「TAKUSHOKU DNA」をユニークに発信しています。

ACHIEVEMENT

制作物

WEBサイト「拓殖大学歴史ミュージアム TAKUSHOKU DIGITAL HISTORIUM 」

https://historium.takushoku-u.ac.jp/

WEBサイト誘引動画「たろーさんに聞いてみよっ♪」

学報TACT 歴史シリーズコラム「たろーさんに聞いてみよっ♪」

ACHIEVEMENT

結果

「拓殖大学が国際大学の伝統校といわれる理由がわかった」「拓殖大学の新たな一面を知ることができた」「卒業生が学生時代を懐かしみながら喜んでいた」など、学内外から好評の声を多数いただきました。

PARTNER

クリエイティブパートナー

SIMILAR WORKS